ニュース
- NEWS -

インテリジェント・ラベル® とPepperを連携させた多言語対応サービスを日本マイクロソフト、SBクリエイティブ及び資生堂で実証実験開始

2016年10月21日

日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:平野 拓也)とSBクリエイティブ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:土橋 康成)は、SBクリエイティブ株式会社が展開する「インテリジェント・ラベル®」とソフトバンクロボティクス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長: 冨澤文秀)が提供する人型ロボット「Pepper」を連携させたサービス(以下「本サービス」)の実証実験を、資生堂ジャパン株式会社(本社:東京都中央区)と協力して首都圏のドラッグストアで開始します。

「インテリジェント・ラベル®」は、店舗の商品棚にマイクロデジタルパネルを取り付け、インターネット経由でそれぞれの商品情報をタイムリーに発信するとともに、モーションセンサー(Kinect for Windows)を連携させることで、顧客の棚前行動を把握・分析することができるIoTソリューションです。本サービスでは上記機能に加え、Pepperとの連携を行うことで多言語でのサービス展開が可能となりました。

顧客が近づくと、インテリジェント・ラベル®のモーションセンサーによって顧客を検知し、Pepperによる顧客対応が開始されます。さらに顧客の発話言語をPepperが判別し、インターネット経由でマイクロソフトのクラウドプラットフォームMicrosoft Azure上に情報を送り、インテリジェント・ラベル®に表示されるコンテンツとPepperの言語切り替えを行います。この機能を活用することにより日本語のみならず中国語や英語での多言語コミュニケーションが可能となります。

また今後はAI機能を強化することによって、これら一連の対応を通して得た顧客属性、行動パターン、感情などに基づき、どのような顧客対応が購買行動につながるのかを理解します。

モーションセンサーは顧客が接近したことだけでなく、顧客がどの商品を手に取ったかを検知することができ、その情報はインターネットを介してMicrosoft Azureに送られデータの分析を行ったり、マイクロソフトの最新のAI技術であるMicrosoft Cognitive ServicesやAzure Machine Learningを活用して、Pepperと共有されます。Pepperは該当商品の情報を顧客に伝え、手にした商品の理解の促進と購入の後押しを行います。

本ソリューションの第一号案件として、ドラッグストアでの実証実験を開始します。

■インテリジェント・ラベル®とPepperの連携イメージ

■インテリジェント・ラベル®とPepperの連携による多言語対応イメージ

■サンドラッグ池袋東口駅前店

ニュース一覧に戻る

お問い合わせ
- CONTACT-

  • 03-5549-1262

デジタルサイネージに関する
ご質問やご相談など、
何でもお気軽にお問い合せください。